【第13回環境フォーラム】

【第13回環境フォーラム】

2017年12月16日イオンモール福津にて「第13回環境フォーラム」が開催されました。

今回の環境フォーラムでは、第2次福津市環境基本計画の実践に向けた取り組みの一環として、環境デザイン研究室・福津市うみがめ課・福津市環境フォーラム企画運営委員会・福岡県立水産高等学校・福岡県立光陵高等学校の皆さんと企画・準備をしてきました。

 

中でも、午後から行われたステージ企画「海・山・里とわたしたち」は、私たち環境デザイン研究室がメインとなって行いました。このステージ企画は、第1部「福津市の自然環境と守るための取り組み」、第2部「未来の“ふくつ”を守るために」の2部構成となっており、福津市で活動されている多くの団体の方に発表していただきました。

 

■第1部

はじめに、九州工業大学環境デザイン研究室から伊東啓太郎教授が第2次福津市環境基本計画策定のプロセス、福津市の自然環境の現状や、グリーンインフラを活用した街づくりの重要性についてお話してくださいました。続いて、修士2年池尻絵美が、市民の方々が思う福津市の魅力ある自然環境と課題を感じている自然環境について、学部4年柳田壮真が海岸マツ林の歴史と役割、福津市の海岸マツ林の現状について、それぞれの研究から発表しました。

f:id:kkfruits:20171216133100j:plain

f:id:kkfruits:20171216133935j:plain

f:id:kkfruits:20171216134239j:plain

次に、福津市で活動されている6つの団体の方々から活動の内容や取り組みに対する思いをお話していただきました。

・上西郷川日本一の郷川を目指す会

上西郷川に住む生き物や上西郷川の魅力について、お芝居形式で楽しく分かりやすいお話をしていただきました。保全活動の取り組みにより、素晴らしい郷川へと変わっている様子を知ることができました。

f:id:kkfruits:20171216134906j:plain

 

・環境ネットワーク「虹」

幼児期から自然と触れさせることで自然を大切にする感覚を育み、自然保護に理解のある大人に成長してもらいたいというESD(持続可能な開発のための教育)の取り組みについてお話していただきました。自然環境を思う気持ちを幼児期に育む取り組みは、将来の自然環境を守るうえで重要だと感じました。

f:id:kkfruits:20171216135903j:plain

 

・福岡県立光陵高等学校

今年の夏に行いましたイギリス研修やユネスコスクールでの取り組み、これまで見聞きしたり、調べたりして学んでこられたことを発表していただきました。イギリスや福津市の自然環境から受けている恩恵についてもまとめられており、自然環境と文化のつながりについても説明してくださいました。

f:id:kkfruits:20171216140844j:plain

 

・福岡県立水産高等学校

「~豊かな海づくり~プロジェクトT」について発表していただきました。竹でできた漁礁を使うことで、竹林の拡大と磯焼けの解決を目指す取り組みの説明は、山と海をはじめとする自然環境の繋がりが分かる発表でした。

f:id:kkfruits:20171216142036j:plain

 

・干潟みまもり隊

津屋崎の干潟に生息する貴重な生き物や保全のための取り組みについてお話してくださいました。カブトガニクロツラヘラサギなど貴重な生き物の生息環境として干潟の重要性を感じました。

f:id:kkfruits:20171216142933j:plain

 

里山みまもり隊

活動を通してみられるさまざまな生き物たちの魅力について発表していただきました。紹介してくださったカスミサンショウウオやアカガエルなど、生き物の特徴が興味深いお話でした。

f:id:kkfruits:20171216143624j:plain

 

最後に、各団体の方と伊東先生でパネルディスカッションを行いました。環境保全活動に取り組むうえでの課題や、各団体の取り組みの今後の展望についてお話しがありました。

f:id:kkfruits:20171216145216j:plain

 

■第2部

まず、対談者である福津市役所の品田祐輔さん、福間郷づくり推進協議会環境景観部会の廣渡策生さん、北部九州里山再生プロジェクトの長谷川逸人さんに福津市の自然環境の将来について、団体の活動と合わせてお話していただきました。

福津市役所の品田祐輔さん

福津市にいる生き物を福津市の場所とあわせて紹介してくださいました。身近におもしろい生き物がたくさんいることを知り、福津市の生物の多様性を再認識しました。

f:id:kkfruits:20171216153837j:plain

 

・福間郷づくり推進協議会環境景観部会の廣渡策生さん

現在取り組まれている海岸マツ林の保全活動についてお話していただきました。小学生、中学生とも清掃活動をされており、多世代で守る取り組みは、海岸マツ林を将来に残していくための重要な取り組みの一つだと感じました。

f:id:kkfruits:20171216154401j:plain

 

・北部九州里山再生プロジェクトの長谷川逸人さん

津屋崎の大峰山で地域の方々と取り組まれている里山再生について発表していただきました。現在、全国的に問題となっている里山の管理について、里山の問題をみんなで解決するだけではなく、楽しく活動しながら里山を地域の魅力にするための取り組みが印象的でした。

f:id:kkfruits:20171216155422j:plain

 

次に発表してくださった3名の方と伊東先生で、「未来の“ふくつ”を守るために」というテーマで対談を行いました。福津の自然環境の変化、これからの環境保全を担う若者の参画について、保全活動を継続して行うための工夫などのお話がありました。

対談の途中には、会場の方々からも意見をいただきました。その中で、海岸マツ林の保全のしくみについて研究されていらっしゃる徳島大学の朝波さんは、郷づくり推進協議会の活動のすばらしさ、福津の魅力についてお話してくださいました。

f:id:kkfruits:20171216161401j:plain

 

福津市の自然環境を守っていくためには、多くの団体、たくさんの人たちの協力が大切です。本環境フォーラムを通じて福津市の自然環境の魅力を皆さんが認識し、保全の取り組みをはじめるきっかけになると幸いです。福津市の自然環境を守り育てるために、今後も、環境基本計画の実践に取り組んでいきたいと思います。

(文章:柳田壮真)

f:id:kkfruits:20171225110945j:plain

 

 

 

 

【ふくつ大峰山みんなで森林再生プロジェクト】

 

 

2017年11月11日(土)に福津市大峰山にて「ふくつ大峰山みんなで森林再生プロジェクト」を実施しました。本プロジェクトは、平成29年3月に策定された「第2次福津市環境基本計画」及び「生物多様性ふくつプラン」の実行プロジェクトの1つです。九州工業大学環境デザイン研究室、暮らしの問屋の古橋さん、放課後クラブ三粒の種の木村さん、福岡県立水産高等学校、福岡県立光陵高等学校、そして地域の方々と一緒に、大峰山が抱える問題や解決方法について考え、森林の再生に取り組んでいます。

大峰山は、薪や建築のための木材、津屋崎山笠で使うマダケなどを採る場所として、地域の生活や文化と関わって利用されてきた「里山」です。しかし、大峰山の環境は生活様式の変化や土地の所有者の高齢化などにより、ここ50年ほどで大きく変化しています。特に大峰山では放棄されたモウソウチクが拡大し、適度に人が手を加える必要があります。

そこで今回の森林再生活動では、参加者の皆様と一緒に大峰山の環境について学びながら楽しく竹林の手入れを行いました。

 f:id:kkfruits:20171111131318j:plain

まず、福津市渡の公民館にて、環境デザイン研究室の伊東啓太郎先生から第2次福津市環境基本計画の概要と今後の実践に移す方向性について説明をしていただきました。 

f:id:kkfruits:20171111131528j:plain

学部4年の長谷川逸人から、これまでの調査でわかった大峰山の自然環境の現状、地域の方々とのお話でわかった生活・文化との関わりについて紹介しました。

f:id:kkfruits:20171111132252j:plain

f:id:kkfruits:20171111132544j:plain

また、一緒に森林再生活動に取り組んでいる「暮らしの問屋」古橋範朗さん、「放課後クラブ三粒の種」木村航さんからは、このプロジェクトに関わることになったきっかけを、それぞれの立場からお話していただきました。

 

f:id:kkfruits:20171111133722j:plain

 最後に伊東先生から、京都の美しい竹林や、インドネシアでの竹を用いた学校や建物などの紹介していただきました。子どもを含めた参加者の方々と一緒に、楽しく山を利用しつつ、美しい山を再生させるイメージを共有することができました。

 

 f:id:kkfruits:20171116104035p:plain

公民館から、大峰山に移動する途中で出会うのがこの枯れかけた桜です。地域の方から「昔は展望所までずーっと桜並木だった」というお話を聞き、当時の風景を頭の中で想像しながら大峰山に入っていきます。

 

f:id:kkfruits:20171111140257j:plain

 そして大峰山では、スギやマテバシイなど、生活の中で薪や建築資材として利用されていた植物について伊東先生から説明をしていただきました。

 

f:id:kkfruits:20171111143254j:plain

その後、3人1組のグループに分かれて竹を切っていきました。作業が進むにつれて、竹を切る人、枝を落とす人、切った竹を一か所に集める人、切った竹で竹垣を作る人、用意していた芋を焼く準備を進める人など、それぞれが自分のできることを見つけて荒れた竹林をきれいにしていきました。

 f:id:kkfruits:20171111155041j:plain

余った竹の葉で竹垣作りも試行的に行いました。当初の予定にはなかったこのような場づくりがとても楽しいです。

 f:id:kkfruits:20171111160834j:plain

「やきいも座談会」

1時間前には竹林であった場所が切り開かれ、みんなで使える広場ができました。子どもも大人も、「秘密基地をつくりたい」「竹で茶室を作るのはどうか」など、自分たちの手で作った空間を使ってどのような楽しいことができるのか、やきいもを食べながら参加者全員で意見を出し合いました。そして、「また参加したい」、「明日も竹を切りたい」など、今後の森林再生活動に向けて心強い発言もありました。

 f:id:kkfruits:20171111163348j:plain

今回の活動は、楽しい活動が大峰山を再生させる、そして、大峰山の再生が楽しい活動になるということを、参加者の皆様と一緒に考えることができたのではないかと思います。今後も里山の自然環境の再生、人と自然の繋がりの再生、人と人の繋がりの再生、地域の文化・風景の再生をみんなで考えてみんなで行っていきたいと思います。

 

(文章:長谷川逸人)

第57回工大祭 e-cafe

こんにちは。

環境デザイン研究室学部4年の小池です。

いよいよ工大祭の季節がやってきました!

今年は、11月18日(土)・19日(日)に行われます。

 

 

毎年、環境デザイン研究室ではe-caféというお店を出しています。

今年のコンセプトは、「"食”を通じて気づく多様な文化-知るとおもしろい生態系サービス-」です。

 

今回は、e-caféで提供するメニューを紹介します!

f:id:kkfruits:20171109195322j:plain

竹焼きおにぎり(塩・味噌・醤油) 100円

竹の上にご飯を載せて炭火で焼きました。3種の味からお選びください!

                                  

f:id:kkfruits:20171109195714j:plain

笹茶(HOT・ICE)        10円

多くの病気予防が期待できる、ほんのり甘いお茶です。

 

f:id:kkfruits:20171109195808p:plain

ノルウェー風パンケーキ    150円

北欧の伝統菓子です。クレープのように薄いのが特徴です。

 

f:id:kkfruits:20171109200031j:plain

チャーサンチェ        250円

体あたたまる、ミャンマー風のピリ辛はるさめスープです。

                      

e-caféでは、普段中々食べることのできない国際色豊かな料理を用意しております!

みなさまのご来店を、47番テントでお待ちしております。

 

f:id:kkfruits:20171110144533j:plain

 

第3回北部九州環境シンポジウム

こんにちは。
環境デザイン研究室学部4年の山光です。
9月12日(土)に第3回北部九州環境シンポジウム開催しましたので報告させていただきます。

3回目となる今回のシンポジウムでは、地域住民の方々や高校生に加え、福津市内で活動している地域団体の方々にも参加していただきました。実際に活動されている方の話を聞き、参加者それぞれに福津市の環境について考えてもらい、地域の活動につなげていくことを目的としました。

まず、小山福津市長より挨拶がありました。

続いて伊東先生から今回のシンポジウムに関するお話がありました。

水産高校からは竹林整備など地域で行っている活動について発表していただきました。

光陵高校からは、イギリス研修に関するお話、環境アイコンの提案などがありました。

九州工業大学環境デザイン研究室からは福津市の自然環境について発表いたしました。

次に、地域団体の方々に発表していただきました。

まず、里山みまもり隊・干潟みまもり隊の土谷さんから里山干潟で野生生物の保護を目的とした環境保全活動についてお話していただきました。

手光えこびれっじの植本さんからは、手光ビオトープで人と自然が共生する持続可能な循環型コミュニティをつくっていくことを目的とした活動についてお話いただきました。

最後に、福間郷づくり推進協議会の池田さん、廣渡さんからは海岸松林の清掃や植樹などの保全活動についてお話していただきました。

実際に活動されている地域団体の方々のお話を聞き、福津市にある環境の現状や問題点について知ることができました。高齢化や人手不足という課題を抱えている地域団体の方にとっても、活動していることを、地域の方や高校生たち若い世代に知ってもらうのは重要な場になったのではないかと思います。

その後、8グループに分かれて、「福津市の海・川・山・里」をテーマに高校生や地域の方々など様々な年代の方から福津市の魅力や課題について、多くのご意見をいただきました。最後には、高校生のみなさんに各グループで話し合ったことを発表していただきました。意見交換会では、海岸松林が潮風から人の生活を守っている、また、地域の住民が主体的に福津市の魅力を守る活動を行っていく必要があるのではないかなどの意見が挙がりました。


今回のシンポジウムでは、地域団体の方々に参加していただき、地域住民の方や高校生に自然環境について考えてもらい、地域の活動につながるきっかけとなったのではないかと思います。

最後に、福津市役所をはじめ、水産高校、光陵高校のみなさま、参加してくださった地域団体の方の協力の下、無事にシンポジウムを終えることができました。
ありがとうございました。

こんにちは。
環境デザイン研究室学部4年の花田有里絵です。

本日、8月24日(日)に、第2回里山再生プロジェクトシンポジウムを開催しましたので
報告させていただきます。


第2回里山再生プロジェクトは「親子で楽しむ自然とのふれあい、ぼく達わたし達に出来る事」という
コンセプトをもとに開催されました。
このシンポジウムは参加者の方々に里山再生プロジェクトの活動を知っていただくことや、
様々な地域の方々が協力して作業を行う交流の場となることを目的としました。




まずはじめに、九州工業大学修士2年の平川から
里山再生プロジェクトの活動や環境デザイン研究室についてお話をしました。

参加してくださったみなさんは、真剣に話を聞いている様子でした。




次に新入学童クラブの子ども達が今年度行った活動について
発表を行いました。

練習のときは恥ずかしがっていた子も本番では上手に発表する事ができました。




次はそうめん流しをするまえに、準備として
自分たちの竹容器を作りました。
子どもたちは、できた容器に名前や絵を描いたりと
自分だけのたった一つの竹容器となって大満足のようでした。





次はいよいよ待ちに待った、そうめん流しです。


子どもたちはそうめんを上手にとって、おいしそうに食べていました。
また、そうめんだけでなく、トマトやフルーツ等も流れてきて楽しそうな様子でした。




そうめん流しが終わったあとは、作品制作です。
今回は竹とんぼ、竹水鉄砲、竹笛を作りました。



子どもたちはそれぞれどうやったら竹とんぼが飛ぶのか、どうやったら水が勢いよく飛ぶのか、
どうやったら音が鳴るようになるのかをお母さんやお父さんと考えながら作品を作っていました。

作品ができたら、お友達と比べてみたり、競いあったりしていました。
また、おうちに帰ってもこれで遊びたい!と言っている子もいて、
わたしたちもうれしくなりました。




最後はみんなでお掃除ということで、子どもたちみんなで一斉にぞうきんがけをして終えました。




今回の第2回里山再生プロジェクトシンポジウムは
里山の問題について考える場や子どもたちは
竹細工を作ることで学習をする場、様々な地域の方々の交流の場となったと思います。



最後に、実行委員長の大西さんをはじめ、直方市学童クラブの先生方、
いくじいひまわりの会の方々参加してくださった方々の協力のもとこのシンポジウムを無事終えることができました。

本当にありがとうございました。



また、この事業は福岡県森林環境税の助成のもとで開催されています。

こんにちは!ご無沙汰しております。
環境デザイン研究室修士2年の須藤です。

今年も、巡り坂池でのワークショップが始まります。

巡り坂池プロジェクトでは、2008年から現在まで天籟寺小学校の子どもたちを対象に環境学習ワークショップを行っています。現在は5・6年生の子どもたちと一緒に、総合的な学習の中で活動をしています。

今日は、第1回目のワークショップに向けて、川添くん(M1)、花田さん(B4)、私の3人で
担任の先生方との打ち合わせに行ってきました。



左から、花田・堀江先生・辛島先生・和田先生・中田先生・川添、撮影:須藤


今年1年、一緒に活動をする先生方です。


6年生の担任の辛島先生は、以前も一緒に活動させていただいたことがあり、頼もしいです。
去年は元気いっぱい、やんちゃだった子どもたちも、6年生になって少し落ち着いてきた、とか。
そして、去年に引き続き、和田先生もいらっしゃります。心強いです。


5年生の担任の先生は、堀江先生と中田先生です。
堀江先生は昨年度1年間、5年生の担任をされてたので、こちらも頼もしい先生です。
中田先生は、今年度、天籟寺小学校に異動されてきた先生です。中田先生に初めて会うとき、私はとても緊張していたのですが、縁あってか、一度お会いしたことがあったということがわかり、話がはずみました。中田先生は、子どもたちの目線で一緒に学習のプランを考えてくださるので、大変勉強になります。


先生たちに習いながら、楽しく充実したワークショップをプランしていきたいと思います。



さて、天籟寺小学校5年生・6年生の第1回目のワークショップが開催されます。



〈巡り坂池プロジェクト 環境学習ワークショップ予定〉


5年生 第1回 巡り坂池について知ろう!
    2014年6月10日(火)午後〜(予備日2014年6月17日)
    

6年生 第1回 生き物調査 第2弾!
    2014年6月13日(金)午後〜



10日のワークショップでは、巡り坂池でのフィールドワークも行う予定です。
15時頃、巡り坂池の様子をのぞいてみてはいかがですか?




ワークショップの様子については、また後日お知らせいたします。
それでは、また

須藤

この度から、環境デザイン研究室に配属されることになりました学部4年の花田有里絵です。

一年生の頃から、学祭などで研究室にお世話になっていましたが、
この度、研究室の一員となることができました。


出身は福岡県太宰府市です。
太宰府市と言えば、太宰府天満宮が有名ですが、
私のおすすめスポットは、太宰府天満宮の参道を登る途中にある
光明禅寺です。
九州唯一の枯山水の庭園があり、紅葉の時期になると、
風情を感じることができます。太宰府を訪れた際は、
是非行ってみてください。


中学、高校はソフトボールをしていました。
大学では、準硬式野球部のマネージャーしています。
とにかく、体を動かすことが好きです。
休日でも家でじっとしていられず、大学付近を散歩したり、
遠くへ出かけたりしています。


研究に関しては子どもの環境学習や行動に興味があります。
研究室では、プロジェクトを通して、多くの人々と関わる機会が多いので、
自分の意見や考えを人に伝える力を身につけたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。